成分

PSホワイトクリームのビタミンC誘導体はちょっとすごかった!

投稿日:

ビタミンC誘導体というと多くのエイジングケア化粧品や美白化粧品に配合されていますね。
高い抗酸化効果により紫外線のダメージからお肌をケアしたり、シミやくすみを消すための美白効果が見られます。

そんな美白には欠かせないビタミンC誘導体ですが、 PSホワイトクリームに配合されているビタミンC誘導体はテトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)と言って油溶性のビタミンC誘導体なんです。

ビタミンC誘導体には2種類あるんです!

ビタミンC誘導体には「水溶性」と「油溶性」の2種類があり、通常私たちが普段目にするのは「水溶性」のビタミンC誘導体です。

ビタミンC自体はもともと水に溶け易く、即効性もあることから「水溶性」のビタミンC誘導体が化粧水やローションなどに採用されてきました。

水に溶けやすいため即効性があり確かに高い効果は期待できるのですが、その反面持続性がないと言う欠点も持ち合わせていました。
合わせて刺激が強いと言う特徴も持っておるため、敏感肌の方などにはとても扱いづらいものとなっていたのも事実です。

その水溶性のビタミンC誘導体の欠点を補うために作られたのが、油溶性のビタミンC誘導体と言うわけです。
それがテトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)です。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)の効果は?

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)の効果は水溶性と基本的に同じながら、特筆できる特徴としてあげるのが持続性の長さと浸透性の高さ。

水溶性が皮膚の中での作用時間が12時間程度と言われているのに対し、このテトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)は48時間とも言われています。
1日以上2日間にもわたって効果が持続してくれるというわけですね。

またその浸透力には目を見張るものがあり、水溶性のビタミンC誘導体に比べ30倍もの浸透能力があるとされています。

肌に刺激はないの?

油溶性のビタミンC誘導体であるテトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)は、イオン化しにくいためお肌への刺激が少ないとされています。

そもそも水溶性ビタミンC誘導体がお肌に刺激を与えてしまうのは、イオン化しやすいといったことが原因に挙げられます。
油溶性化したおかげでイオン化することもなく、お肌への刺激が少ないため敏感肌の方でも安心して使えるのが有用性のビタミンC誘導体といえます。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)で美白しちゃえ!

この有用性ビタミンC誘導体に加え、お肌を整えてくれるグリチルリチン酸ジカリウムの2つの薬用有効成分を中心にお肌の美白をサポートしてくれる天然成分をたっぷり配合しているオールインワンジェルがPSホワイトクリームなんです。

お肌への刺激も少なく、かつしっかりと潤いを与え、美白してくれるPSホワイトクリームなら、今まで実現できなかった美白肌が実現できちゃうかもしれませんよ!

-成分

Copyright© PSホワイトクリームの効果をガチ体験した38歳ママの口コミ!! , 2018 All Rights Reserved.